鉄道模型の楽しみ方とルクスを使った車両の表現技法について

鉄道模型は実在する車両を一定の縮尺サイズで再現した玩具の一種です。実車に近い緻密な作りなので趣味の一環として年齢を問わず普及しています。

また、車両に装飾を施してより実車に近い雰囲気を演出する楽しみ方もあります。鉄道模型の楽しみ方を学び、独自の工夫を施して自分だけのお気に入りの車両を持てるようにしましょう。

鉄道模型の再現性について

鉄道模型はHOゲージやNゲージなど様々な縮尺サイズで製品化されていますが、日本ではNゲージサイズの製品が最も普及しています。Nゲージは線路の幅が9ミリに再現されていることから付けられた名称です。車両や建物の縮尺率はメーカーごとに多少の差がありますが、144分の1から150分の1の範囲内で作られています。

Nゲージサイズの鉄道模型は場所を取らないのが利点なので、狭小な作りの部屋が多い日本家屋に向いています。

また、小さいサイズでありながら車体の作りを忠実に再現している製品が多いのも人気が高い理由の一つになります。外装の配線設備や排気口など、縮尺すると小さく潰れてしまう部分も実車と同様の作りになっているのが大きな魅力です。

Nゲージサイズの模型車両は普及率の高さから、他の縮尺率の製品よりも安価で購入出来る製品が多数を占めます。同じ車両でもメーカーによって再現の度合いが変わるので、比較したうえで好みの一台を選ぶことが出来ます。

車両の連結部分も従来はフック状のアーノルドカプラーが主流でしたが、現在では実車と同様の連結部分を再現したカプラーが普及しているのでより本物に近い車体の再現が可能です。


鉄道模型の車体に貼るシールの扱い方

模型車両は車体の再現性の他、シールなどの付属品も出来の良し悪しを左右します。実車の車体には行き先や車種などを示す表示板が付いていますが、路線や時間帯で表記内容が異なります。鉄道模型で特定の路線や列車編成を再現するためにはそれぞれの車体に対応したシールを貼るのが効果的な方法です。

市販の模型車両には車両番号や行き先などを記したシールが付属している製品もあるので、上手に組み合わせることで実車のような雰囲気を再現させることが可能です。その一方で模型用のシールはサイズが小さいので取り扱いには細心の注意を払うことが大切です。

Nゲージの車両は手のひらに収まる程度の大きさなので、車体に貼り付けるシールも相応のサイズで作られています。台紙から剥がす際はピンセットなどの工具を使わないとねじれや破れなどの不具合に見舞われる可能性があるので丁寧な作業が不可欠です。

また、車体に貼ったシールは日焼けや湿気で傷んでしまうことから、模型車両の扱いにも気を配る必要があります。特に素手で触ると著しく劣化することから、模型車両を扱う際は薄手の手袋をはめるなどシールを傷めないための工夫が大切です。

工具を使って貼り付ける際もシールの印刷面を傷つけないように丁寧な扱いを心がける他、接着面に触れる面積を最小限に留めるのが剥がれにくくするための条件になります。

人気車両を使ったジオラマ作成の楽しみと鉄道模型を上手に扱う工夫

Nゲージ車両の再現にルクスが適している理由

ルクスはNゲージ車両の表情を豊かにするために用いるアクセサリーシールのブランド名です。模型車両には車体番号や行き先などを再現したシールが付属している物がありますが、種類が少ない欠点もあります。また、模型車両の付属品は単品では販売していないことが殆どなので、紛失や破損などの不具合が起こると同じ製品をもう一つ購入することになってしまいます。

ルクスの車両用シールは様々な車種に対応した製品が多数そろっているので、付属シールが無くなった際の補充用に便利です。

また、ルクスは知名度が低い路線の車種や行き先を再現したシールも作成していることから、大手メーカーの製品では再現出来ない路線をイメージした車両編成に役立たせることが出来ます。

ルクスの車両用シールは縮尺率と文字の再現性のバランスが良い作りになっているので、小さい表記でありながら文字の潰れが無い、実車と同様の雰囲気に仕上がっているのが大きな特徴です。

また、車両ごとに異なる表示器の大きさを考慮して、シールの切り取り寸法が調節出来るようになっています。

わずかな過不足も無い丁度良いサイズで切り取ることが出来るのもルクスのシールが模型車両のグレードアップに向いている理由です。

シールを綺麗に貼るための工夫

模型車両の再現性を高めるには高品質のシールを貼るのが最も効果的です。ルクスの車両用シールは実車と同様の質感を再現しているので、リアルな雰囲気を演出することが可能になっています。その反面、シールの貼り方を誤るとせっかくの緻密な作りを活かせないばかりか、シールそのものが傷んでしまうので注意が必要です。

シールを綺麗に貼るためには事前の準備を入念に行い、作業も丁寧に行うことが重要になります。シールを貼る部分が汚れていると接着剤が劣化してすぐに剥がれてしまいます。模型車両の車体は樹脂を金型でプレスして成形しているので、金型から剥がすための薬剤が製品の表面に残っています。

残留している薬剤はシールが剥がれる原因になるので、丁寧に洗浄して成分を車体に残さないことが大切です。ルクスの車両用シールは模型車両の雰囲気を損なわないように薄手の紙で作られています。小さい車体に貼り付けてもシールの部分だけが浮き出る心配が無いのでリアルな雰囲気を演出出来ますが、薄い紙は破れやすい欠点もあるので貼り付ける際の扱いには注意が必要です。

台紙から剥がす際は力を入れ過ぎないように注意する他、車体に貼る作業も表面を軽く撫でる程度に留めることを心がけます。

シールを貼った模型車両をジオラマ内で走らせる楽しみについて

鉄道模型は車両をコレクションする他、街並みや農地を再現したジオラマ内を走らせる楽しみ方もあります。大型のジオラマなら幾つもの車両を連結させて走らせることも出来るので、車体にシールを貼って実車と同様の雰囲気を演出させながら自分だけの車両編成を楽しむことが可能です。

ジオラマの中を疾走させる模型車両に緻密な作りのシールを貼ることで、本物そっくりの雰囲気を堪能出来るようになります。車両用シールには特定の路線を再現出来る効果もあるので、実在の路線付近の風景とジオラマの作りを考慮して選ぶのがリアルな走行風景を楽しむコツです。

また、あえて実在の路線ではあり得ない風景の中を走行させて幻想的な雰囲気を演出する楽しみ方もあります。