人気車両を使ったジオラマ作成の楽しみと鉄道模型を上手に扱う工夫

実在する車両を縮小サイズで再現した鉄道模型は世界中で広く普及している趣味の一つです。日本でも様々な車両が模型として再現されています。鉄道模型は車両の収集やジオラマ作成など様々な楽しみ方があり、近年ではインターネット上で人気車両を使ったジオラマ内の走行を実況する動画に人気が集まっています。

鉄道模型の扱い方を学び、ジオラマ作りや車両のカスタマイズなどの分野に挑戦してみましょう。


鉄道模型の人気と初心者に必要な心得について

鉄道模型は実在する鉄道車両を様々なサイズで縮小させた模型です。日本ではHOゲージやNゲージなどの種類が普及していますが、それぞれの縮尺で再現の度合いが異なる他、販売価格にも違いがあります。また、取り扱い店舗の数にも差があることから、鉄道模型を趣味として始める際はどの縮小サイズが自分に向いているかを吟味することが大切です。

特に好みの鉄道車両がある場合は再現性や価格を考慮して縮尺サイズを選ぶのが長く楽しむための秘訣になります。初心者が陥りやすいミスとして、趣味の方向性が安定せずにどっちつかずな状態になることが挙げられます。

鉄道模型は車両の種類が多いため、当初は色々な製品に目移りしがちです。特に同型の車両の限定バージョンなど希少性が高い製品はコレクションアイテムとしての魅力が高いことから、趣味の方向性に関係無く購入してしまうこともあります。

鉄道模型は高額な製品が多いので、手当たり次第に購入しているとすぐに予算不足に陥ってしまい、欲しい製品を買うことが出来ません。そのため、鉄道模型を趣味として始める際は家計簿を作成するなど金銭管理には十分に気を配るのが気持ち良く趣味を楽しむための心得になります。


人気車両の模型化とメーカーごとの違いについて

鉄道車両は様々な種類が模型化されていますが、特に人気車両は模型化されるとすぐに完売になることがあります。鉄道模型は全体的に生産数が少ないのが普通ですが、その中でも人気車両は限定品として扱われることが多いので希少性が高くなる傾向があります。

また、同じ車両模型でもメーカーごとに再現性が異なるので購入の際は注意が必要です。一般的に縮尺サイズが大きいほど実車に近い再現性が保たれていますが、メーカーの技術力も大きく関係しているので模型の実物をよく確認してから購入することを心がけます。

また、模型の製造技術の向上により、製造年数が新しい物ほど緻密に再現されているのが一般的です。鉄道模型メーカーの多くは鉄道車両の他に線路やコントローラーなどの周辺機器も製造しています。線路上を走行させるのが鉄道模型の醍醐味の一つなので、メーカーによって線路の形状やコントローラーの性能には独自の工夫が施されているのが普通です。

特に線路については分岐点や交差、高架など様々な製品が作られているので、単に車両を走らせるだけではなく風景を再現したジオラマ作成に役立てる事が可能になっています。

車両模型の魅力を引き立たせるジオラマの作り方

鉄道模型の楽しみ方の一つにジオラマ作成があります。ジオラマは風景を模型で再現したものを意味しますが、鉄道模型に関しては車両を走行させるための線路とその周辺の風景を再現したものを指します。鉄道模型用のジオラマは縮尺サイズ別に多くの製品が市販されているので、購入した製品を線路の周りに置くだけで簡易的なジオラマ作成が可能です。

また、石膏や接着剤などを使って製品を固定させることでより本格的なジオラマ作りが出来ますが、工作の経験や技術が求められるので十分に練習したうえで取り掛かるのが満足出来る仕上がりにするための条件になります。

鉄道模型の車両をジオラマ内で走行させる場合、車両の魅力を引き立たせる風景を意識することが大切です。

ジオラマは製品の組み合わせや都市や農村、山地など様々な風景を再現することが出来ます。

工夫次第で車両模型の実物が走行している路線を再現することも出来ますが、既製品を購入するだけでは費用が嵩むうえに完全な再現は難しい欠点もあります。ジオラマ用の建物や山、樹木などを自作することでコストの削減とオリジナルの要素を持たせることが可能になります。

特にコスト削減の要素は出費が嵩みやすい鉄道模型の趣味を長く続けるための重要なポイントなので、良い材料を選ぶ方法や作成技術の向上を学ぶことを心がけます。また、鉄道模型用のジオラマは場所を取ってしまうことから収納の方法にも気を配ることが大切です。

コレクションしている模型車両を劣化させないための工夫

鉄道模型の車両はコレクションアイテムとして陳列させる楽しみ方もあります。ジオラマ作成のように場所を取る欠点が無いことから、狭い部屋でも鉄道模型を趣味として楽しむことが可能です。その一方で車両模型を陳列させていると日光や照明の光で劣化してしまう可能性があります。

模型車両の多くはプラスチックで作られているため、紫外線に長く晒されると表面にひび割れや色落ちなどの不具合が生じてしまいます。また、空気中の湿気によって車輪やモーターなどの金属部分が傷んでしまうこともあるので、陳列の際は劣化しないように工夫することが大切です。

車両模型を劣化させないためには湿気や埃を避け、日光や照明の光が直接当たらないようにすることを心がけます。遮光性があるケースに入れることで外部からの刺激を防ぐことが出来ます。人気車両など希少性が高い製品を長持ちさせるのに向いていますが、遮光効果を持っている模型用のケースは高額な製品が多いので注意が必要です。

特に模型車両が多いと必要なケースの数も多くなるので、陳列させる車両を厳選したり日光が入らないように窓のカーテンを常に閉めるなどの工夫で維持コストを減らすことが大切です。

鉄道模型の583系って何?

模型車両に不具合が生じた際の対処法

鉄道模型用の車両には線路上を走らせるのに必要なモーター付きの製品があります。モーター付きの車両模型が無いと走らせることが出来ないので、ジオラマ作成の際には必要不可欠な製品です。モーター付きの車両は他の車両をけん引する機関車に用いられていますが、新幹線のように複数の車両で編成されている製品は走行時のバランスを保つため、中間車両がモーター付きになっているのが普通です。

模型車両は頻繁に走行と停止を繰り返すのでモーターは頑丈に作られていますが、経年劣化などの理由で不具合が生じることがあります。模型用のモーターは小型な作りになっているので、素人作業での修理は慣れが必要になります。

鉄道模型はモーターから自作する楽しみ方もありますが、模型作りの経験が乏しい内は交換用のパーツを購入して入れ替えるか、メーカーに修理を依頼するのが無難な対処法です。